毎年年間100回以上開いておりましたが、真に困窮している人たちは来られなく、今後どのようにすべきか大きな課題でした。
昨年の3月以来、新型コロナウイルス禍を理由に中止しておりましたが、ボランティアの皆さんとも相談した結果、止めることとし、子どもに満足に食事を作ってやれないなど、真に困っている世帯に定期的にお弁当を届ける活動に切り替えることにしました。
まずは試みとして、今月から希望する10世帯を対象に、毎週金曜日の夕方に届けることにし、その状況を見ながら、今後の実施方法等を検討してまいりたいと考えております。

Pin It on Pinterest